CSR・環境保全活動報告

ホーム  CSR・環境保全活動報告  環境方針

環境方針

【環境・安全・品質方針】

 大日本土木は、人間尊重を理念とし、社会的信頼の維持・向上を図るとともに、当社に関わるすべての利害関係者のニーズと期待の変化を認識し「建設」という「ものづくり」を通じて、会社の永続的な発展と企業未来の創造を実現する。
ニーズと期待に対するリスクを捉え、「コンプライアンスの徹底」「誠実な対応」「人材の確保・育成」と「マネジメントシステムの有効性の継続的改善」により企業価値を高めていく。


環境・安全・品質方針


 大日本土木は、人間尊重を理念とし、社会的信頼の維持・向上を図るとともに、会社の永続的な発展を実現するために、当社に関わる社会・顧客及びその他の利害関係者のニーズの変化を認識し、「確かなものづくり」を通して的確な対応を図り、コンプライアンスの徹底と環境・安全・品質マネジメントシステムの有効性を継続的に改善する。


【環境】

環境保護の推進と環境リスクの低減に努め、環境経営を推進する。

  1. 環境保護を推進することにより、汚染の予防、気候変動の緩和・適応、生物多様性の保全・生態系の保護および循環型社会を形成する。
  2. 適用する環境法令および当社の同意するその他の要求事項を順守する。
  3. 社会とコミュニケーションを図り、社会と共生した環境保全活動を推進する。
  4. 事業活動に関わる次の項目を、環境目標として設定する。
    (1)廃棄物の減量化とリサイクルの推進、有害廃棄物の適正処理
    (2)省資源・省エネルギーの推進、二酸化炭素の排出量の削減
    (3)社会貢献活動の積極的参加
    (4)環境に配慮した提案・設計及び施工の促進
    (5)生物多様性の保全・生態系の保護への配慮


【安全・衛生】

職場で働く利害関係者の「安全」と「健康」の確保のために、安全衛生に関する。自らの義務を果たし、安全・安心で快適な職場環境を形成する。

  1. 労働災害防止のため、関係法令、社内ルール等を順守する。
  2. 店社、作業所、関係協力会社が一体となり、安全衛生活動を計画的に展開する。
  3. リスクアセスメントを活用して、すべての事故・災害を防止する。
  4. 働き方改革を推進し、ワーク・ライフ・バランスを実現する。


【品質】

社内外の変化・課題を明確にし、すべての利害関係者のニーズと期待を的確にとらえた 製品・サービスを提供する。

  1. ニーズと期待に対応するために、「情報収集力」「分析力」「技術力」の向上を図り「競争力」を強化する。
  2. 継続的な発展を実現させるための人材の確保と育成に注力する。
  3. 目標達成に向けてPDCAサイクルを徹底し、顧客満足の向上に努める。


この方針は全従業員に周知し、社外の要求に応じて公表する。
大日本土木株式会社

CSR・環境保全活動報告